様々な意見を聞いて失敗しない開業を実現

戻ってくるお金

過払い金の返還で知っておくと良い知識

グレーゾーン金利でお金を借りていた場合、利息制限法を超えた金利に対して返還したお金を過払い金と呼び、返還を求める事ができます。 過払い金の返還請求は債務整理として扱われる事があります。完済していれば問題ありませんが、返済中にものについては個人信用情報機関に記録が残るので注意します。ただし、過払い金の清算によって債務が0になれば、この記録は削除されます。 過払い金の返還請求を行ってもそのまま全額返還に応じる事はなく、裁判になる事が多いです。個人で請求すると大幅に減額される可能性が高いため、請求額によっては弁護士や司法書士に依頼した方が多くのお金を取り返せます。 なお、過払い金の請求権には10年の時効があります。最後にその業者と取引した日が起点となるので、これよりも早く請求しなければなりません。

過払い金返還請求で得られるメリット

過払い金返還請求とは、グレーゾーン金利などで払いすぎたお金を返してもらう請求のことです。グレーゾーン金利とは、利息制限法で定められた金利の条件(15%〜20%)と、出資法で定められた金利の上限29.2%の間の金利のことです。 過払い金は、過払い金返還請求をすることで全額を返してもらうことができます。借りていた期間が長く、金額が多い人は数百万円が返ってくるケースもあります。 しかし近年では、貸金業者の経営不振などの影響で、過払い金返還請求をしても全額が返ってこないことが増えています。個人では相手にされなかったり、下を見られて悪条件での和解を提案されたりなどです。そのような場合は、弁護士を雇うか、個人でも訴訟までいくと、訴訟を最後までやらなくても相手が和解に応じてくる確率が増えるようです。

Copyright© 2015 多くの問題を解決、弁護士を選ぶ時のコツとその為の方法を知ろう All Rights Reserved.