様々な意見を聞いて失敗しない開業を実現

相続をする時は

葬式費用で相続税を節税できる

遺産を取得すれば相続税の負担は増しますが、逆に故人が負担すべき債務を代わりに負担した場合、相続税の負担を減らすことができます。故人が負担すべき債務の1つには葬式費用があります。そのため、葬式費用を負担すれば相続税を節税することができます。 ただ、節税に使えるものと、使えないものとがあるので、注意が必要になります。例えば、会場代やお布施なんかは、節税のために使うことができます。葬儀後に出す料理代なんかも、当然に発生してくる出費ということで、対象になります。対して、香典返しは節税に使うことができません。これは香典収入が非課税となっているので、それに合わせたものです。 該当するものと、そうでないものとをしっかり見極めて、少しでも相続税の負担を減らすようにしましょう。

相続税申告の税理士報酬

相続税は人生の中でも数回課される程度の税金ですが、課された時の負担はとても大きいものがあります。申告する際は、できるだけ相続税の負担が小さくなるように、税理士に依頼するようにしましょう。 相続税の負担が減っても、税理士報酬が高いのでは意味がありません。そのため、依頼する際、大事になってくるのが相場です。具体的なものはありませんが、目安としては遺産の0.5%から1%くらいであると考えておいて下さい。相続税は、遺産の評価額を計算することで計算されるので、遺産が報酬を決めるポイントになってくるのです。 他にも、相続人が少ないとか、大昔に買った土地があるといった事情がある場合、それらの要素によっても変化します。依頼する際は、そのような事情を積極的に話すようにしましょう。

Copyright© 2015 多くの問題を解決、弁護士を選ぶ時のコツとその為の方法を知ろう All Rights Reserved.